ジーニーの子会社JAPAN AIが提供する法人向けの社内AIアシスタントサービス「JAPAN AI Chat(™)」がプロンプト支援機能をアップデート

JAPAN AI

プロンプト作成や管理にかかる時間を大幅に削減し、業務効率化を促進

JAPAN AI株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤 智昭、以下JAPAN AI)は、「JAPAN AI Chat(™)」が持つプロンプト支援機能をアップデートしました。

■背景と目的
AIから正確な応答を実現するためには、プロンプトエンジニアリングのテクニックが欠かせませんが、プロンプトの作成や編集には手間やコツが必要でした。また、プロンプトが増えると、プロンプトの管理や更新、修正にも手間が発生していました。そこで、当社は誰でも簡単に使えるプロンプトの作成と効率的な管理の実現を目指し、新たな機能アップデートを行いました。

今回のアップデートにより、ユーザーは煩雑なプロンプト作成や管理に費やす時間と手間を削減し、より効率的にAIからの応答を得ることができます。
この新しいプロンプト支援機能により、より使いやすく、効率的なAIサービスの利用が実現されることで、お客様の業務効率化を促進します。

■プロンプト支援機能について
プロンプト支援機能には、主に以下の機能が含まれています。

・プロンプトの自動生成
必要な項目を埋めるだけでプロンプトが自動的に生成され、そのまま送信することができます。AIから回答を得るまでの時間の短縮や回答の精度を担保することが可能です。

・一覧表示と管理
ユーザーはプロンプトの一覧を確認し、共通のプロンプトテンプレートを編集、削除、新規作成することができます。また、管理者は各ユーザーの操作画面に新たなテンプレートを追加することが可能なため、ユーザーへのテンプレートの共有を簡単に行うことができます。

・汎用的なテンプレートの用意
JAPAN AI Chat(™)には、カスタマーサポート、営業、マーケティング、人事、総務や労務などさまざまな職種の方にご活用いただける汎用的なテンプレートが豊富に用意されています。これにより、特定のプロンプトを作成する手間を省き、対象の文章の入力とワンクリックを押すだけでAIが的確に応答することができます。

■JAPAN AI Chat(™)について
「JAPAN AI Chat(™)」は、OpenAI社が提供する最新バージョンのAPIを搭載し、各社ごとにカスタマイズされたAI対話環境を構築することで、従業員の業務効率化や生産性向上を支援します。各企業専用の環境で活用できるため、データが漏洩するリスクがなく、機密性の保持が可能です。社内のドキュメントや外部データを基にAIからの自動応答を実現することもでき、あらゆるユースケースにてご活用いただけます。

■お問い合わせ先
JAPAN AI株式会社
担当:笠松
TEL:03-5909-8181
MAIL:pr@japan-ai.co.jp

■JAPAN AIについて
JAPAN AIは「企業が1社に一つオリジナルのAIを持つ時代を創る。AIは働く人をサポートし、圧倒的な生産性を実現する。」というビジョンを掲げ、最新のAI技術を活用したプロダクトやサービス提供により、多様な業界での事業拡大や産業の発展に貢献していきます。

■会社概要
社 名:JAPAN AI株式会社
代 表 者:代表取締役社長 工藤 智昭
本 社:東京都新宿区西新宿6-8-1
設 立:2023年4月14日
資 本 金:4,000万円
事業内容:人工知能の研究開発、人工知能に関するコンサルティングサービス
U R L:https://japan-ai.co.jp/