JAPAN AIが提供する「JAPAN AI Chat(™)」がデータ連携機能プランを改定し、月額1万円台から利用が可能に

JAPAN AI

~独自データを学習させた企業オリジナルAIの導入が容易に~

JAPAN AI株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤 智昭、以下JAPAN AI)は、「JAPAN AI Chat(™)」のプラン内容をアップデートし、8月3日より新プランにて提供を開始することをお知らせします。今回のプランアップデートにより、お客様の予算やニーズに合わせたJAPAN AI Chat(™)の利用を実現します。


■背景と目的
AI技術の進化がビジネスの世界に大きな変革をもたらし、その中でもデータの活用は、特に重要性を増しています。「JAPAN AI Chat(™)」のデータ連携機能では、企業の独自データをAIに学習させ、学習内容を基にした回答を実現する企業オリジナルのAIを開発することが可能です。しかし、従来のプランでは、データ連携機能を活用するためには最低100万円の予算が必要となり、少額の予算で試してみたい企業にとっては導入において大きなハードルとなっていました。

今回のプラン改定を行うことで、1万円台(※1)からデータ連携機能を試すことができるようになり、より多くの企業が手軽にAI導入を推進できるになります。
JAPAN AIは多くの企業がデータを活用し、AIによってビジネスの業務効率化ならびに生産性向上を支えることができる環境を提供することを目指しています。

※1 GPT利用従量課金が別途発生します

■データ連携機能について
データ連携機能では、企業ごとに社内独自のドキュメントやデータをAIに取り込むことができます。企業ごとに専用のUIを設けることで、お客様自身で最新のデータをAIに追加学習やインデックス化(※2)することができます。ファイル形式は現時点でdocx、pdf、text、csv、Webページが対応可能です。

より簡単にデータベースを最新の状態に保つことができるため、最新情報に基づいた意思決定を実現し、問い合わせ工数の削減や社内のナレッジを簡単に検索することができます。

なお、高度なセキュリティを搭載しているため、情報漏洩リスクなくご利用頂くことが可能です。

※2 データを整理・分類すること

■JAPAN AI Chat(™)について
「JAPAN AI Chat(™)」は、OpenAI社が提供する最新バージョンのAPIを搭載し、各社ごとにカスタマイズされたAI対話環境を構築することで、従業員の業務効率化や生産性向上を支援します。各企業専用の環境で活用できるため、データが漏洩するリスクがなく、機密性の保持が可能です。社内のドキュメントや外部データを基にAIからの自動応答を実現することもでき、あらゆるユースケースにてご活用いただけます。

■お問合わせ先
JAPAN AI株式会社
担当:笠松
TEL:03-5909-8181
Mail:pr@japan-ai.co.jp

■JAPAN AIについて
JAPAN AIは「企業が1社に一つオリジナルのAIを持つ時代を創る。AIは働く人をサポートし、圧倒的な生産性を実現する。」というビジョンを掲げ、最新のAI技術を活用したプロダクトやサービス提供により、多様な業界での事業拡大や産業の発展に貢献していきます。

■会社概要
社 名:JAPAN AI株式会社
代 表 者:代表取締役社長 工藤 智昭
本 社:東京都新宿区西新宿6-8-1
設 立:2023年4月14日
資 本 金:4,000万円
事業内容:人工知能の研究開発、人工知能に関するコンサルティングサービス
U R L:https://japan-ai.co.jp/